2020年1月30日木曜日

ケラントアカントーマ  下唇の出来物、いぼ

ケラントアカントーマ

2020.01.21

2週間前から 乾燥により 唇右横が切れ リップクリームを

塗っていました。  ビタミンBが不足しているのではと思い

ビタタイムFXプラスαとDHCビタミンBミックスも飲んでいます。 

下唇右端に出来物、いぼができ 見る見るうちに5mm程に

大きくなってきました。

これ以上大きくなると 跡形が心配なので 皮膚科に行きました。

ピンセットで出来物から膿がでるか調べられましたが、

でなかったのと、短期間に大きくなっているので

ケラントアカントーマの疑いがあるので すぐに

大きな病院へ行き調べた方が良いと紹介状を書いてくれました。

ケラントアカントーマは有棘細胞がんという皮膚がんの一種で 

急激に2cm程になるので 早く切除した方が良いと言われました。



2日後 予約してもらった県立の病院の皮膚科に行きました。

局部麻酔して メスで切除し、4針程縫い合わせされました。

麻酔が少し痛かったですが、抜歯する時の痛さぐらいでした。

担当医は美人の先生で 状況を機関銃の様に

パソコンに入力していました。 

切除、縫い合わせは男性の研修医が担当でした。

30分もかかりませんでした。 

本日の費用は 3割負担で 7270円でした。

1週間後に抜糸し、組織検査の結果がでます。


ーーーーーーーーーーーー

2020.01.30

今日 県立の病院へ抜糸に行ってきました。

糸1本が肉に食い込んでとれなかった。

自然と出てくるのでと言われました。


細胞検査結果は通常1週間で出ますが

特殊みたいで もう1週間かかるとの事でした。


もし悪性なら 再度 唇付近を大きく切り取らないと

いけない。 レーザーではと聞きましたが 実際に

細胞を見ながら切らないと残ってしまうので、

メスで切除しなければいけないとの事。


良性を祈るだけです。


ーーーーーーーーーーーー

本日 病院に行ってきました。  

前の患者さんが終わっても 次の私の番を呼ばれるまで

時間がかかっていましたので、 やばいと思っていましたが、

結果は悪性でなく 何かのばい菌が入ったとの事で 良かったです。

前回 糸が残っていたので、それを言うと ナイロンの糸なので

溶けないが 異物としてでてきます。  くくったままでは

出てこないのではないかと言うと 少しほじってみますと

女の先生が試みましたが 日本はひげで 糸は見つかりませんでした。

もう排出されたのかわかりません。  唇の傷口に塗る

テラ・コートリル軟膏5g 処方されました。








0 件のコメント: